吃音の発症理解

吃音理解

吃音理解

 吃音は医学的な疾患であり、脳の機能と構造の違いから吃音になることも証明されています。吃音のある人は、脳の左半分が低活動で、右半分が高活動であることが確認されています。言語療法によって、左半分の活動が向上し、右半分の正常化すると吃音症状が少なくなることも確かめられています。

 

 左脳・右脳の違いは、

左脳⇒理屈:左脳で物事を考える

右脳⇒感覚:芸術的なことを考えたり、音楽を楽しんだりする

 

ということは、左脳の活動を上げる⇒「考える力」を身につけさせる

 

「考える力」を身につけさせるために

模擬面接を通して、回答を考える訓練を繰り返す。

これによって、

・面接慣れができる

・面接の回答が準備できる

・質問に対する回答を考える思考プロセスの訓練ができる

これにプラスをして、

朗読トレーニングを行うことによって

頭と身体のリンクを強化します。

 

多くの吃音の方を

内定に結び付けてきた現場でのノウハウを学びませんか!

 

吃音を理解し、スカイプを利用して練習しませんか

 

吃音面接対策 © 2015 Frontier Theme