吃音の特徴

吃音 特徴

吃音の特徴

●連発(音節の繰り返し)

「こここここんにちは」

●伸発(引き伸ばし)

「こーーーんにちは」

●難発(言葉が出てこない)

「こっ・・こっ・・・こっ・・・・・」

 

ウイキペディアによりますと

吃音には段階があると書かれています。

一般的に吃音には、次の五つの段階がある。

第1段階 – 難発。吃音発生時
第2段階 – 連発。本人にあまり吃音の自覚のない時期。
第3段階 – 連発。伸発。本人が吃音を気にし始める時期。
       次第に語頭の音を引き伸ばすようになる。
第4段階 – 難発。吃音を強く自覚するようになる時期。伸発の時間が長くなり
       最初の語頭が出にくい難発になる。時に随伴運動が現われる。
第5段階 – 吃音のことが頭から離れず、どもりそうな言葉や場面をできるだけ
       避けたり、話すこと自体や人付き合いを避けたりする。

なお、『連発 → 伸発 → 難発』へと順番に移行していくものではなく、

『難発 → 連発 → 連発+伸発 → 連発+伸発+難発』と

新たな要素が加わりながら移行して行くものとされる。

 

 

 

 

吃音面接対策 © 2015 Frontier Theme