吃音症理解:面接対策

吃音の理解 面接対策

吃音に対しての正しい理解

吃音症について、ウイキペディアではこのように説明されています。

 吃音症(きつおんしょう、英: Stammering symptom)とは、言葉が円滑に話せない疾病、または障害である。「発語時に言葉が連続して発せられる」、「瞬間あるいは一時的に無音状態が続く」などの症状を示す。2005年より日本国は吃音が発達障害者支援法に含まれるという立場を表明している。

 

概要

突然、特定の言葉が発しにくくなる疾病で、原因は特定されていない。まわりに人がいなければこのようなことはなく、流暢に言葉が出る場合もあれば、独り言でも吃る場合もある。

 非吃音者があせって早口で話す時に「突っかかる」こととは異なる。テレビ番組の出演者が使う「噛む」こととも異なる。

 吃音は2歳で発生することが多く、成人では0.8〜1.2%、学齢期の子供で約1.2%、5歳までの子供では約5%が吃音者であるといわれる。子供の頃は本人が気づいていない場合も多い。吃音の程度やどもりやすい言葉や場面には個人差がある。緊張していたり朗読や電話の応対をしたりする、「あいさつ」などの日常よく使う言葉など、どもりやすい傾向があるとされる。

 『どもりは必ずなおせる 〜子どものどもり おとなのどもり〜』(婦人生活社 1983年)の著者である花沢忠一郎は、幼少の頃から吃音で苦しみ続け、独自の呼吸法や発声法などを取り入れた大人の吃音の矯正法を日本で最初に考え出し、吃音を自覚し始めたものを「大人のどもり」、吃音に無自覚なものを「子供のどもり」と定義した。子供の吃音や、本人が吃音を気にし人の目を気にする前だと治る確率も高いとされる。近年、吃音はICD-10分類の情緒障害としての吃音症だけではなく、それ以外にも色々な吃音症状があり、症候群であるとする見解も出てきている。

 

吃音の原因は、体質が70%で環境が30%だと言われています。

吃音の発症率は、全世界:都会でも田舎でも変わらない。

有名人の中でも吃音の方は多く

吃音と共に暮らしながら生活をしています。

 

大丈夫ですよ。

一歩一歩、訓練を続けることが大切だと思っています。

 

多くの家族は、自分の子供がどもり始めたときに・・・

「自分が原因ではないのか・・・」と責任を自分に求めることも多いが

「違う」と言いたいです。

 

その原因が何であるのか?

まだよく分かっていません。

 

多くの吃音症状が出てきても発症後数年で自然回復する確率が74%

に達しています。

 

青年時まで、吃音症状が出ている方でも

努力によって改善している方も多いようです。

 

私もその一人ですが

経験から、回避する方法を自分で身につけました。

 

現在、就職支援の仕事を通して

模擬面接や面接対策を行っていますが

吃音の方でも、

訓練を積むことで一般的なコミュニケーションがとれるようになり

内定を獲得しています。

 

吃音症の方にとって

就職活動の面接は・・・一番苦手なことだと思います。

この苦手なことから逃げないで

向き合って、改善していきませんか!

応援します。

 

吃音面接対策

 

 

 

 

吃音面接対策 © 2015 Frontier Theme